【2022】30歳のフィリピン語学留学体験記-2 weeks

前回は初めての海外旅行と語学留学1週目の感想をまとめました。

今回は語学留学2週間目の感想をまとめようと思います。

2週間目のビックニュースはコロナに感染し、5日間の隔離生活を送ったことですね。

日曜日の夜に38.8度の高熱が出て、検査を受けるとコロナウイルス陽性反応でした。

そのまま隔離生活が始まり、この記事を書いている今も一人寂しく隔離中です。

学校側の対応はどんなだったのか、隔離期間中の生活はどんなだったのかについて振り返ってみようと思っています。

よーじ
よーじ

保険に入っておいてよかった

診察・治療について

私が今『CPILS』というセブにある語学学校に通っています。

学校内にクリニックがあり、簡易的な診察や治療を行ってくれます。

もちろん英語でのやり取りですが。

私の場合、普段ですら英語を聞き取れないのに体調が悪すぎたので、ドクターが何を言っているかなんてほとんどわかりませんでした。

ただ、病気は命にかかわることなので詳しい状況や今後の対応をどうしたらいいか知る必要があります。

日本人スタッフの方が通訳してくださったので、英語に自信がない方でも診察を受けることができます。

日本人スタッフの方がいてくれてすごく安心しました。

よーじ
よーじ

すっかり元気になりました

海外旅行保険について

まさか到着してから2週間目でコロナにかかるとは思っていませんでした。

もしものことを考えて入っておいた海外旅行保険ですが、結果的に入って正解でした。

日本人スタッフの方に海外旅行保険証明書の有無を確認され、持っていたのでスムーズに治療してくれました。

もし海外旅行保険証明書を持っていなければ、別途費用が掛かったり、スムーズに治療できなかったかと思うとどうなっていたのだろうと考えてしまいます。

まだまだコロナウイルスが世界で猛威を振るっているので、契約するのはお金もかかるし面倒くさいけど、自分の安全のためにも入ることをオススメします。

よーじ
よーじ

いざという時に安心できるよ

隔離生活について

隔離生活について書きたいことは以下の3つです。

  • 隔離場所について
  • Skypeでのオフライン授業
  • 食事内容

隔離期間中はあまり外国に来た感じはせず、日本とそんな変わらない日常を送っていた気がします。

隔離場所について

私は学校備え付けの寮に住んでいて、普段は4人部屋を利用していました。

隔離期間中は私だけ別の空き部屋を利用し、他の3人は元の部屋のまま生活を送っています。

10月という時期を選んだので、人が少なく部屋が余っていたからこのような対応になったのだと思います。

フィリピン語学留学のピークは夏休みや正月といった長期休暇を利用した2週間程度の短期留学だと聞いたことがあります。

ピーク時に部屋が余っているとは思えないので、その時も同じような対応なのかはわかりません。

よーじ
よーじ

快適に過ごしてるよ

Skypeでのオンライン授業

水曜日には体調がよくなったので、Skypeでのオンライン授業を受けていました。

日本にいる間にオンライン英会話を利用していたので、感覚的にはそれと同じような感じです。

ただ、住んでいる寮の回線速度があまりよくなくてラグがあり、先生とのやり取りが少し大変でした。

気を付けないと発言が被ってしまい、ちょっと気まずい雰囲気になりました。

私のスケジュールは1:1のレッスンが3コマ、グループレッスンが4コマなのですが、オンライン授業は1:1のレッスンだけです。

グループレッスンには参加できないので空き時間が結構ありました。

英語を勉強しにフィリピンまで来たので、空いている時間は英単語帳を眺めて過ごしていました。

対面で聞き取れない英語を必死になって聞こうとする環境を求めてきたので、早く授業に参加したいと願っています。

よーじ
よーじ

苦しいけど絶対に力になると思う

隔離期間中の食事内容

普段はバイキング形式の食事なのですが、隔離期間中は部屋から出ることはできないので、スタッフの方が食事を用意してくれます。

せっかく作ってくれて持ってきてくれるのは、とてもありがたいことです。

ただ文句を言いたいことが1つ。

量が多すぎる‼

2日間の食事内容はこんな感じでした。

一部苦手な食べ物だったり、味付けが好みでない料理はありますが、基本的に美味しいです。

ただ、あまりに量が多いので申し訳ないとは思いつつも半分以上は残しています。

フィリピンの料理は肉料理、揚げ物がほとんどのようです。

フィリピンの人はふくよかな体型の女性が多いので魅力的ですが、食生活が大きく関わっているのだろうと思いました。

自発的に食事制限をしてジムで身体を動かさないと、体型を維持することすら難しいような気がしてきました。

よーじ
よーじ

隔離期間中で確実に太った

【まとめ】隔離期間中は日本で引きこもっていた時期と似てた

今回は語学留学2週間目の感想をまとめました。

といってもコロナに感染したので隔離期間中に何をやっていたかの説明が主でしたが。

隔離期間中は、仕事を辞めて語学留学前の準備期間と似た時間の過ごし方だったので、あんまり海外に来た感覚はありませんでした。

ネットが繋がれば娯楽はあるし、英語の勉強するためにフィリピンへ来たので、やることはあり暇ではありませんでした。

けど、まだ1週間しかたってないけど4人部屋での生活の方が楽しかったし、買い物に行ったりバーへ行ったりも楽しかったから、早く元の生活が出来たらいいなと思っています。

今は熱も下がり、のどの痛みをほとんどなくなってきたので、3週目の授業は復帰できるはずです。

また英語漬けの日々が始まりますが、その環境が欲しくて来たのだから頑張って食らいついていこうと思ってます。

よーじ
よーじ

最後まで読んでくれてありがとう

タイトルとURLをコピーしました