英単語アプリ『mikan』のオススメ設定と自分ルール、無料のコースをまとめた

英単語

海外を放浪したいので英語の勉強をしているよーじ(@4ji_memo)です。

英単語アプリ『mikan』を利用して、英単語の学習を進めています。

基本的には無料で、一部有料のコースが用意されています。

この記事では英単語アプリ『mikan』について以下の内容を紹介します。

この記事で紹介する内容

  • 『mikan』の使い方
  • 『mikan』の特徴
  • 無料コース一覧
  • オススメの設定
  • 私のルール

方針に迷ったときは、この記事を振り返り読もうと思います。

『mikan』の使い方

まずはザっと『mikan』の使い方について説明します。

『mikan』での英単語学習のおおまかな流れは以下になります。

英単語学習の流れ

  1. 教材選択
  2. ランク選択
  3. カードめくり
  4. ランクアップテスト
  5. 総復習

1~5の繰り返しで単語を覚えていきます。

1.教材選択

学習したい英単語の教材を選択します。

左上に「PRO」と書かれている教材は有料になります。

下の方に無料の教材のみを一覧でまとめてあります。

2.ランク選択

教材を選択したらRank1から学習が始まります。

教材によって、学習できるランクや単語数が変わってきます。

3.カードめくり

学習を開始すると、単語が表示され発音されます。

「知ってる」か「知らない」を選択、もしくはスワイプします。

時間切れの場合は「知らない」が選択されます。

5単語1セットで表示され、5単語すべてが「知ってる」になれば次のセットに変わります。

これをランクの上限まで繰り返します。

4.ランクアップテスト

ランクの問題を一通り解いたら、ランクアップテストを受けることができます。

4択のテスト形式で出題され、合格すると次のランクが選択できるようになります。

5.総復習

苦手な単語は何度も繰り返し記憶しなければ脳には定着しません。

総復習を選択すると、これまで挑戦した単語が以下のカテゴリーに分類されます。

総復習のカテゴリー

  • 完璧の覚えた単語
  • ほぼ覚えた単語
  • うろ覚えな単語
  • 苦手な単語

総復習の頻度は「エビングハウスの忘却曲線」を意識して取り組んだ方が、効率がいいです。

「エビングハウスの忘却曲線」のグラフを説明すると以下になります。

エビングハウスの忘却曲線の特徴

  • 20分後には42%忘れる
  • 1時間後には56%忘れる
  • 9時間後には64%忘れる
  • 1日後には72%忘れる
  • 6日後には75%忘れる
  • 31日後には79%忘れる

人間は必要のないことは忘れる生き物です。

忘れないように工夫が必要です。

もう少し下で私なりのやり方をまとめました。

『mikan』の特徴

簡単にですが英単語アプリ『mikan』の使い方は理解していただけたのではないでしょうか?

次に『mikan』の特徴は以下になります。

『mikan』の特徴

  • 苦手な単語を何度も繰り返せる
  • 発音してくれるので耳でも覚えれる
  • めっちゃほめてくれる

苦手な単語を何度も繰り返せる

総復習が便利なので活用し、苦手な単語を中心に復習できます。

総復習のカテゴリー

  • 完璧の覚えた単語
  • ほぼ覚えた単語
  • うろ覚えな単語
  • 苦手な単語

完璧に覚えた単語は何回もする必要はありません。

苦手な単語を中心に何度も繰り返し脳に定着させていきます。

発音してくれるので耳でも覚えれる

リスニング力も鍛えるため、発音も覚えましょう。

単語を見て、意味を理解し、発音も理解できることが理想です。

聞いてもよくわからなければ、二度手間になってしまいます。

めっちゃほめてくれる

キャラクターの「むけお」くんはことあるごとに褒めてくれます。

頑張りが褒められると嬉しいもんです。

マイページを見ると、これまでの学習の履歴を確認できます。

自分の頑張りが可視化されているのは、モチベーションに繋がりますね。

無料コース一覧

英単語アプリ『mikan』は無料の教材と有料の教材が存在します。

「どのくらいのレベルの教材が存在するのか?」「単語数はどれくらいなのか?」

これらについて無料の教材の一覧をまとめました。

カテゴリー教材名単語数
小中学生中学英単語10001,000
小中学生速読英単語 中学版2,006
大学受験速読英単語 入門編 第2版705
大学受験速読英単語 入門編 第3版1,450
大学受験速読英単語 必修編1,945
大学受験共通テスト直前振り返り400
大学受験高校基礎英語500
大学受験速読英単語 上級編901
大学受験大学受験英単語2,500
大学受験速読英熟語855
大学受験センター試験英単語500
TOEICTOEIC英単語2,500

合計すると、無料の教材でも15,262の単語を学ぶことができます。

重複している単語もありますが、10,000単語くらいは無料教材のみで学ぶことができそうです。

オススメの設定

英語学習の設定を変更することが可能です。

私のオススメの設定を紹介します。

紹介していない箇所は個人の好みでいいと思います。

オススメの設定

  • 学習の設定(カードめくり)
  • カードめくりの制限時間(3~4秒)
  • テストの制限時間(3秒)

学習の設定(カードめくり)

学習の設定で「カードめくり」と「テスト」を選択できますが、「カードめくり」1択です。

理由は、普通に英語に接しているときは4択が表示されることはないからです。

単語を見て意味が分かるようになりたいものです。

カードめくりの制限時間(3~4秒)

デフォルトは10秒だったと思いますが、3~4秒のサイクルでテンポよく繰り返しましょう。

理由は「単語を思い出すために長時間考えることは普通はしないから」と「何度も表示させて脳に定着させるため」です。

英文を読んでいてわからない単語が出てきても、文章の流れで解釈することは多々あると思います。

なので、長時間かけて単語を思い出す能力は必要ありません。

また、脳に定着させるためには、何度も繰り返し見聞きする必要があります。

なので、3~4秒のサイクルでテンポよく繰り返す設定がいいと思います。

テストの制限時間(3秒)

テストも同様の理由です。

単語を見て、パッと回答できるレベルを目指しましょう。

私のルール

先ほど「エビングハウスの忘却曲線」を紹介しました。

効率のいい復習のタイミングのグラフは以下になります。

上記のグラフを説明すると以下になります。

復習のタイミング

  • 2日後
  • 1週間後
  • 1ヶ月後

この結果から、私が決めた英単語学習のルールは以下になります。

私の英単語学習のルール

  • 毎日・・・新しいランクを100%にする
  • 週末・・・うろ覚え、ほぼ覚えた単語
  • 月末・・・完全に覚えた単語

仕事をしているので、毎日ランクを100%にして、苦手な単語の復習は時間的に難しいと判断しました。

ということで、毎日新しいランクに挑戦し100%にすることを目標にしています。

週末にうろ覚え、ほぼ覚えた単語の復習を中心に行い、月末に完全に覚えた単語を総復習していきます。

完全に覚えた単語も使わなければ忘れてしまいます。

月日が経つにつれて、完全に覚えた単語の数は多くなっていくでしょうが、月に一回は総復習をしていこうと考えています。

【まとめ】単語帳はもう必要な時代ではない

今回は英単語アプリ『mikan』について紹介しました。

英単語学習は単語帳は利用せず、アプリと英英辞書で学習を進めています。

結局は脳みそに英単語を何度の詰め込んで定着させ、自分で使いこなせるようになればツールなんて何でもいいです。

英単語調だろうが、英語単語アプリだろうが自分に合ったツール、モチベーションが上がるツールなら何でもいいと思います。

無料でも使えるもんは、何でも使って自分のスキルアップをしていきます。

以上、よーじ(@4ji_memo)でした!

タイトルとURLをコピーしました