英語耳の次にオススメは英語耳速習! 最重要英単語をネイティブの速度でマスターしよう!

英語
よーじ
よーじ

英語耳をマスターしたけど、次に何をしようか?

と思ったので英語耳の進化版の「15時間で速習 英語耳 頻出1660語を含む英文+図で英会話の8割が聞き取れる」を試しに買ってみました。

すごく気に入ったので紹介しようと思います。

英語耳速習の魅力は以下の3点です。

  • 最重要英単語1,600で構成されている
  • ネイティブの速度を理解できる
  • イラストで脳に定着しやすい

よく使う英単語をネイティブの速度で聞き取り、発声できるようになろう!

って本になります。

それでは英語耳速習の魅力を紹介していきましょう。

英語耳速習に出会った経緯

英語耳を1ヶ月ほど続けた結果、発音に関しては何となく理解できました。

英語耳のいいところは以下の3点です。

  • 20分の音読で発音の基礎が身につく
  • 発音記号が理解できる
  • リンキングが理解できる

勉強方法は英語耳に付属するCDを毎日流し、音に合わせて音読をするだけです。

発音記号と発音、発声時の口の形、舌の位置を意識することで発声の基礎を学ぶことが出来ます。

1回20分なので、毎朝仕事に行く前にちょうどいいボリュームでした!

ただ、1ヶ月もすると飽きてしました・・・

発音の基礎を学ぶので、シー、ショー、シューとかを毎日音読してたので、そりゃー飽きますw

英語耳より引用

次のステップに進んでもいいかと思い、何がいい本がないか探していて出会ったのが「英語耳速習」でした。

英語耳速習の魅力

英語耳速習の魅力は以下の3つです。

  • 最重要英単語1,600で構成されている
  • ネイティブの速度を理解できる
  • イラストで脳に定着しやすい

1つずつ紹介します。

最重要英単語1,600で構成されている

2016年4月に発売された『大学英語教育学会基本語リスト:新JACET8000』(桐原書店)は、ビックデータを基にした信頼できる英単語の重要度リストです。同書では1単語ごとに、重要度の順位番号が付いています。例えば、1番目はthe、100番目はwant、500番目はcut、1000番目はtomato、1500番目はfinancial、3000番目はathletic、4000番目はcertificate、6000番目はdough、最後の8000番目はextremistです。

英語耳速習 015ページより引用

英語耳速習では1~1660番目までの英単語で主に構成されています

めちゃくちゃ基本的な英単語ばかりです。

でも私は全然聞き取れませんでした。

なぜでしょうか?

ネイティブの速度を理解できる

英会話は、単にボキャブラリーを増やしたり、発音を覚えたり、文法を学んだりするだけではできるようにはなりません。実際に話すスピードに反応できてこそ、会話として成立するのです。

英語耳速習 023ページより引用

英語を話す速さは、1分間の語数で数えられます。

  • 日本語の一般的な英語教材の音声 → 120単語/分
  • TOEICのリスニング → 150~160単語/分
  • TOEICのリーディング → 150単語/分(なら全て読み終えられる)
  • 英米のニュース音声 → 170~200単語/分
  • ネイティブのやや速めの会話 → 200単語/分
  • ネイティブの超速めの会話 → 250単語/分

簡単な英単語でもネイティブの速度で聞けるほど、耳が訓練されていないから聞き取れないということでした。

英語耳速習に収録されている速度は200単語/分を想定しているので、マスターすればネイティブのやや速めの会話が理解できるようになります

TOEICのスコアアップを目的に頑張っている人にとっても、いい訓練になります。

ネイティブの会話速度(200単語/分)に慣れておくことで、TOEICのリスニング(150~160単語/分)を聞くのが楽になるからです。

実際、英語耳速習を使い始めてからTOEICの過去問を解いていると、ゆっくり丁寧に喋ってるんだなと感じます。

知らない単語がまだまだ多いので、理解できないことの方が多いのですがw

逆にいえば、知っている英単語が増えれば、聞き取りで苦労することは少くなるってことだと思っています。

よーじ
よーじ

英語速習を何回も音読して、重要英単語くらいは楽勝で聞けるようになる!

イラストで脳に定着しやすい

各英文にはイラストが掲載されています。

英文だけよりもイラストがある方が脳でイメージしやすいですよね!

可愛らしいイラスト、ぱっと見で状況がイメージしやすいです。

英語耳速習の勉強方法

付属するCDは1週30分で150個の英文を読み上げてくれます。

私が行っている学習方法は以下の2パターンです。

  1. 30分を通して流し、音に合わせて音読する
  2. できなかった英文を言えるようになるまでリピートする

30分通して流すと、速度についていけなかったり、知らない単語に出会います。

できなかった英文は個別に理解を深めるようにしています。

【まとめ】ネイティブの速度に慣れる

今回は英語耳速習の魅力について紹介しました。

英語耳速習の魅力は以下の3点です。

  • 最重要英単語1,600で構成されている
  • ネイティブの速度を理解できる
  • イラストで脳に定着しやすい

最初は早口過ぎて全然口が回りません。

しかし、基本的な英単語をネイティブの速度で理解できるようになることで、今後の英語学習の土台ができると思います。

よーじ
よーじ

英語耳速習をマスター出来るまで、しばらくは続けようと思います

以上、よーじ(@4ji_memo)でした!

タイトルとURLをコピーしました