【考えがまとまる】エッセンシャル思考とは

読んだ本のメモ

朝4時に起きて本を読む書評ブロガーのよーじ(@4ji_memo)です。

この記事では「エッセンシャル思考」の漫画版を読んだので、本から学んだことをまとめて紹介しようと思います。

エッセンシャル(essential)は、「欠かすことのできない」、「必須の」という意味になります。

自分にとって「欠かすことのできない」、「必須の」ことは何か考えをまとめることが大切です。

エッセンシャル思考の考え方を身に着けると、考えがまとまり、自分のやりたいことに集中して取り組むことができるようになります。

それでは詳しく見ていきましょう。

エッセンシャル思考とは

エッセンシャル思考を読んで学んだことは以下の3つです。

  • 全てをやる必要はない!やることを決める
  • 「断る」という選択肢を増やす
  • 「今」を集中する仕組み・環境を作る

全てをやる必要はない!やることを決める

いい人や優秀な人ほど周りからお願いされたら、自分がやる必要でない雑務でも引き受けてしまったりするものです。

そして、引き受けたことをそつなくこなせてしまうので、さらにお願いが増えていきます。

そうなってしまうと、時間やエネルギーが自分にとってどうでもいいことに取られてしまい、自分のやりたいことをする余裕がなくなります。

どうでもいいことばかりやっていると、これが自分の本当にやりたいことなのだろうと悩んでしまうという、サイクルに陥るそうです。

  • 本当にやらなければいけない大事なことはめったにない。
  • やればできるだろうが、全てやる必要はない。
  • ただし、やると決めたことは全力でやる。

という考え方がエッセンシャル思考の軸になります。

断るという選択肢を増やす

自分の時間を確保するために、時には相手からお願いされたことを「断る」という選択を覚えなければなりません。

ただし、全てのお願いを断る必要はありません。

相手からお願いされたことが、「自分も面白いと感じるなら引き受ける」と基準を設けることが大切です。

お願いされたことがやりたいことならやればいいのです。

断り方のパターン

ただ、相手からのお願いに断るのが苦手な人もいると思います。

私もお願いされて相手が困っているなら、引き受けてもいいと思ってしまいます。

断り方も色々あるので、状況によって使い分けましょう。

  • 黙って嫌そうな顔をする
    • きまずい雰囲気になれば、相手が引き下がるかもしれません。
  • 代替案を出す
    • 〇〇は厳しいけど、××ならできます。と提案する。
  • 即決せず、折り返し連絡して断る
    • 検討した結果、無理そうだと伝える。理由もあると良し。
  • 優先順位を相談する
    • 自分の抱えてる仕事と含めて、優先順位を決めてもらう。
    • 相手が決めたので、文句は言えない。
  • 冗談交じりに断る
    • いやー、無理っす!
  • 他の人を紹介する
    • Aさんのほうが詳しいっすよ!

集中できる仕組み・環境を作る

やることを決めても、メールや電話で気が散ってしますと、せっかくの集中力が切れてしまいます。

コツは、物理的に外部との情報を遮断することです。

私が実際に試していることは以下の3つです。

  • スマホを機内モードにする。通信を遮断する。
  • PCのメールアプリを落とす。
  • 耳栓をする。

雑音やスマホのバイブ音は自分が思っているよりも、気が散っています。

あっ、誰かから連絡が来た」と思考の妨げになります。

集中したいときは、これらの方法を試してみてください。

「今」何に集中するべきなのかリストアップする

リストアップしたら優先順位をつけ、「今」何に集中するべきか理解しましょう。

できるだけ具体的に書くことがポイントだと思っています。

具体例

私の職業がプログラマーなので、「アプリを作成する」で説明します。

「アプリを作成する」といってもアバウトなので、具体的にどんな機能があるのか全体を把握します。

  • 画面を作成する
    • 画面の数は10画面
  • 処理を作成する
    • 文字を入力するための処理
    • データを登録するための処理
    • メールを送るための処理

そして現状を把握し、「次やること」、「今から集中してやること」を明確にします。

「画面は全て完成させたから、今から文字を入力する処理を作成する。」とかです。

あとは、集中できる環境でひたすら作業します。

まとめ

今回は、『エッセンシャル思考』について紹介しました。

  • 「今」やるべきことを明確にする。
  • 外部からの情報を遮断して集中できる環境を作る。

この2点が実践していてとても役に立っています。

大きな目標を立てるものもちろん大事ですが、着実に一歩一歩目標に向かって歩み続けることも大切です。

この本は、着実に目標に向かっていくための方法を教えてくれました。

今回は漫画版を読んだのですが、頭に入りやすく読みやすかった印象です。

まだ読んだことがない方は、ぜひ読んでみてください。

以上、よーじ(@4ji_memo)でした!

タイトルとURLをコピーしました