書評ブロガーが思う「どんな本を読んだらいいの?」について

読書術のメモ

朝4時に起きて本を読む書評ブロガーのよーじ(@4ji_memo)です。

偉い人
偉い人

読書した方がいいよ

という言葉をよく耳にします。

ただ、あまり読書をしない人は、こんな疑問が浮かんできませんか?

読書しない人の疑問

  • 具体的にどんな本を読んだらいいの?
  • 本なら何でも読んでもいいの?
  • 何を基準に本を選んだらいいの?

「どんな本を読んだらいいの?」の答えはシンプルで「読みたい本を読めばいい」になります!

この記事では、書評ブロガーの観点から「読みたい本を読む理由」について紹介していきます。

読みたい本を読む理由

  • 興味関心があるから
  • 悩みを解決できるから
  • 著者の考え方に興味があるから

反対に「どんな本だったら読まなくていいの?」という記事も作成しました。

合わせて読んでいただくと、自分にとって読む本、読まない本が区別できると思います。

それでは説明していきます。

読みたい本を読む理由

興味関心があるから

興味関心は「食欲」で例えると分かりやすいと思います。

すごくお腹が空いている状態でご飯を食べると、めっちゃ美味しいですよね!

空腹は最高のスパイスとも言いますし(*’▽’)

逆に、お腹がいっぱいのときに出される食事はどうでしょうか?

もう食べたくなくて、人によっては拷問のように感じるかもしれません。

もう食えないよ・・・

読書も同じように欲があると思っています。

読書の場合は知識欲です!

よーじ
よーじ

〇〇について知りたい!

そう感じた時に、○○についての本を読んでみてください!

人間は興味があることしか、できない生き物です。

まずは興味がありそうな本から読んでみてはいかがでしょうか?

コツは「読みたい!」と感じた時にすぐ読むことです。

時間が経つごとに、「読みたい欲」が次第になくなってしまいます。

鉄は熱いうちに打て!です。

知識を欲しているときに、本を読みましょう!

悩みを解決できるから

本を読む理由は人それぞれでしょうが「悩みを解決するため」も理由の1つです。

人生の様々な悩み

  • 人間関係について
  • 健康、ストレスについて
  • お金について
  • いじめについて
  • 生きている意味について

生きていると様々な問題や疑問が沸いてきますよね。

ただ、その悩みは過去に他の人が経験していることがほとんどです。

ありがたいことに、昔の賢い人たちが本にまとめてくれています。

悩みや疑問を感じたら、その悩みを解決できそうな本を読んでみてください。

もしかしたら、1冊では解決できないかもしれません。

でも、同じジャンルの本を何冊も読むと、解決のヒントが貰えると思いますよ。

よーじ
よーじ

本を読んだら悩みが解決して、心が軽くなることが多いです

著者の考え方に興味があるから

私が本を選ぶ時、著者で選ぶことが多々あります。

著者で本を選ぶ理由

  • 成功者はどんなことを考えているのだろう?
  • ○○さんの価値観が好きだ!
  • ○○さんの本は勉強になるなー

1冊の本は著者の思考の塊です。

著者が生きてきて感じたこと、経験してきたこと、考え方が凝縮されています。

著者の頭の一部を覗いている」といってもいいと思います。

面白かった本があれば、同じ著者の本を読んでみるのはどうでしょうか?

よーじ
よーじ

より詳しく著者の思考が理解できますよ

【まとめ】読みたい本を読もう!

今回は「読みたい本を読む理由」について紹介しました。

紹介した内容をおさらいします。

読みたい本を読む理由

  • 興味関心があるから
  • 悩みを解決できるから
  • 著者の考え方に興味があるから

人は自分が面白いと感じたことにしか興味を持てないです。

世の中にはたくさんの本が存在します。

自分の興味関心がある本は1冊くらいはあるはずです。

本の探し方」については記事をまとめました。

今回は「読みたい本を読む理由」を紹介をしましたが、反対に「どんな本は読まなくていいの?」という記事も作成しました。

結論は「興味がない本は読むな!」なんですが、その理由も説明しています。

今回の記事と合わせて読むことで、読む本・読まない本について理解が深まりますよ

以上、よーじ(@4ji_memo)でした!

タイトルとURLをコピーしました